日々の撮り書き!BLOG版!

since 2010 Photo & Text by lanzafisher
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/03

マツバウンラン@多摩川

マツバウラン2

マツバウンラン
Linaria canadensis (L.) Dum
こちらもアメリカ原産の帰化植物。

マツバウラン1

細く背の高い花茎を付け、美しい薄紫色の花を咲かせる。
河原の土手の斜面に群生していた。
日光もよく当たり、風通しが良い場所で、
他の雑草が育つのにも適した場所だが、
大きな群生を作れる位、他の雑草よりも
強い植物なのかもしれない。

2010/04/30

オオイヌノフグリ@多摩川

オオイヌ
オオイヌノフグリ
薄い水色の小さな花を多数咲かせる。
街角や河原、空き地などでごく普通に見られる花だが、
西アジアから中近東産の帰化植物。

オオイヌ2

今、私は、
“多摩川を中心としたフィールドの動植物”
の写真を一つのテーマにしている
だから、最近は、河原に生えている植物の写真も
勢力的に撮影しているのだが、植物の知識が弱い。。。
って言うか、弱すぎる。
河原に生えている植物で、撮影を始めてから初めて見るものもあるが、
昔から普通に目にしていたものも多い。
だが、名前すらも解らんものが、本当に多い訳で。。。
だから私の場合、撮影→図鑑で検索→同定
なんてことが多い。

そして、植物図鑑で色々な事を調べている時に気づいたのは、
昔から見慣れていている雑草や、河原の植物の中に予想以上に
帰化(外来)植物や園芸種が
逸脱したものが多い

と、いうことだ。

実際、撮影して同定が済んだ
植物のほとんどが帰化種で
在来種は、ごくわずかだった。
そのことに、本当に驚いている。
<<戻る

■  プロフィール

lanzafisher

Author:lanzafisher
 熱帯魚や金魚をはじめ、水生生物を中心に動植物の写真を撮影し、書籍や雑誌等に掲載、執筆をしています。
また、自転車に乗ったり、釣りに行ったり、そんな日常を一方的に発信中!


※掲載している写真・記事等の無断複写・転載等は、目的に関わらず禁止します。

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  カテゴリ

熱帯魚 (72)
庭・園芸植物 (16)
フィールド植物 (7)
自転車 (63)
その他・生物 (26)
日々の徒然 (53)
未分類 (21)
水中写真 (4)
お仕事 (18)
釣り (3)

■  最新コメント

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
12369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
762位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。