日々の撮り書き!BLOG版!

since 2010 Photo & Text by lanzafisher
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/02

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝

SADA セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝クロスマウンテンバイク100km
に参戦してきた。

このレースは、長野県王滝村にある、廃道になったオフロードの山道を
制限時間10時間内で登ったり下ったりしながら100Km走るるもので、
完走率が低くとても過酷なレースだ。
自転車でレースに出るようになって3年目、以前に出場した人の話を聞いたり、
雑誌などのレポを読んで、これは、よほどの物好きかアフォな人が出るもんかと思ってた。

で、コース図は、こんな感じ。。。
標高差ありすぎwww
course.jpg

でも、20代最後の年だし、何かに挑戦したいと思い、
このレースに挑戦することにした。

 レース前日
午前中に東京を発ち、夕方に現地入りしてエントリーを済ませてからホテルに入り、
一休みしてから、自分とチャリの調整のために軽く乗りに行く。
夕食は、米を食べまくりカーボローディング!WWW
一緒に出場する仲間達7人と楽しい時間が過ごせたが、酒は我慢!

そして、レース当日
001.jpg
過去数回の大会は、天気に恵まれずほとんどが雨。。。
でも、今回は、当日は天気は快晴!!というミラクルが起こる!
一番心配していたことが、無くなって気分的に少し楽になった。
修験僧たちが山岳信仰の山として信仰していた御岳山がとても美しく見える。

P5300236.jpg
スタート前。1時間前からはるか遠くスタートラインまでズラーーーーっと並ぶMTB。
その台数は600台以上!!
これだけ物好きな自転車乗りが多いってことかwww

ここからは、レースの記録用。
スタート後は、先導車に引かれアスファアルトの道を走る。
マイペースで走るため、仲間達と別れアップがてらクルクルペダルを回す。
そして、先導車が抜けて、狭い登りの林道へ入った直後、
前が一気に大渋滞、前を走る人が落車…そして、しばしの停車(爆!
そして、無事にリスタートをきるが、そこから第一チェックッポイントまでが
長い長い上り坂…しかも、路面はガレガレ。
下りは、少し休みながら下れば…などと甘い考えだったが、甘かった。。。
下りも路面が非常に悪い上に、気を抜くとヤバい感じのコース。
ソフトボール大の石がゴロゴロしてるし(爆!
絶対踏みたくネーー!
それに、崖崩れでさらわれたガードレールが遥か下の崖下に落ちているような
箇所も多数。マジでヤバいこけ方したらしぬんだろうなぁ…っと思う。

ロードの時は、長距離を走る時や長い登りなどでキツさを感じると
周りの景色を見たり、道の周りに生えてる植物を見て、気を紛らわせる
のだが、今回は路面をしっかり見て、ラインを意識してないと
マジでヤバい感じ。登りも下りも全く気が抜けない。

そんな訳で、ボトルを取るのも大変で、思うように補給がとれない。
なので、路面が少しでもよい所で、スキを見つけては、ボトルを口に運ぶ。
で、半ばにある少し長めの下り坂で、デカい石を踏んで、後輪をスローパンク。
早速、王滝の洗礼を受けた感じだ。
焦らず下り切ったところで、サラリとチューブを交換。作業しながらエネルギーチャージ!
サヴァスのピットインを一本、胃に流し込む。
そこからさらに果てしない登り…。
途中、第1チェックポイントの手前で、前を走っていたナオティンに追いつく。

そして、30km地点の第1チェックポイント。
マジで遠かったwwwでも、まだ1/3も消化していない(爆!
で、ボトルの水を補給してCCDを作って、軽いストレッチをしてから
70km地点にある第2チェックポイントに向けてリスタート。

そこから、またガレた道の登り下りの繰り返し。
登りの途中で、脚が止められそうな場所で、自転車に乗ったまま脚を伸ばすと、太ももがつる…。
しばしの悶絶。。。
やっとの思いで、三浦ダムの湖畔に出る。
この区間だけは、比較的道がよく平に近い道だったので、ここぞとばかりに、
自転車をこぎながら補給しながら先を急ぐ。
第2チェッックポイント直前の登りは、正直、メチャクチャ堪えた…。
道は、一部川のように水が流れてるし、傾斜もメチャクチャキツい…
しかも、ガレガレ。一番軽いギアを使っているのに脚が前に出ない。
自転車を降りて押している人と殆ど変わらない速度だったが、
何とか登り切る。あと、何キロ走ればよいのか…メーターの距離計を
見る機会が多くなるが、こいでもこいでも増えていかない数字に
やきもきしながら登る。

そして、70km地点の第2チェッックポイント
疲労困憊…半分、魂が抜けたような状態で到着(爆!
ここでも、ボトルに補給してクエン酸BCAAを作る。
ここから、しばらく登れば、第3チェックポイントをこえてゴールまでは、
長い長い下りだ。
っと言っても、気が抜けるコースでもないが、先を急ぐ事に。
XCバイクでDHポジションをとると、メチャクチャ上半身にくる上に
下半身も殺られているため、踏ん張っているのが精一杯。
それでも、下っている間に、リズムもつかめてきたため
タイムを稼ぐためにガンガン飛ばして下る。
すると、第3チェックポイントが見えた。

休まずに通過しようとしたが、慣れてきた頃に落車の危険が一番高くなるため、
一度、リズムを取り直すために、あえてトイレタイムを挟んでリスタートをする。

そこから一気に下ってやっとの思いで
ゴーーーーーーーーーーーーーーーール!


003.jpg
ゴールして一段落して記念に一枚 PHOTO BYナオティン

■記録■(公式リザルドはこちら)
完走466人/エントリー672人
総合記録   7h43m29s
総合順位   172位/完走466人
20代男子順位 18位
男女別順位  167位
  
第1区間記録 2:38:42  第1区間順位 105位
第2区間記録 2:29:34  第2区間順位 203位
第3区間記録 1:14:51  第3区間順位 390位
第4区間記録 1:14:51  第4区間順位 156位

今回のレースは、非常によい経験となった。
セルフディスカバリーとは、よく言ったもので、
果てしなく長い長い登り坂では、脚を止めてしまえば楽になれるだろうなぁ…
っと考えながらも、脚を着きたくない!という自分との戦いだった。
他にも、走りながら色んな事を考えてた。

とにかく制限時間内で完走できて嬉しい!


次は、翌週!
富士ヒルクライム
という、富士山の麓から五合目までの上り坂だけのロードのレースだ。
とにかく、自己ベストの更新!これが目標!
って、今から支度して、明日の午前中出発だぁ。。。
まだ、シャワーも浴びてないし急がなくては!!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ripplesender.blog52.fc2.com/tb.php/90-e632ddf3

■  プロフィール

lanzafisher

Author:lanzafisher
 熱帯魚や金魚をはじめ、水生生物を中心に動植物の写真を撮影し、書籍や雑誌等に掲載、執筆をしています。
また、自転車に乗ったり、釣りに行ったり、そんな日常を一方的に発信中!


※掲載している写真・記事等の無断複写・転載等は、目的に関わらず禁止します。

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  カテゴリ

熱帯魚 (72)
庭・園芸植物 (16)
フィールド植物 (7)
自転車 (63)
その他・生物 (26)
日々の徒然 (53)
未分類 (21)
水中写真 (4)
お仕事 (18)
釣り (3)

■  最新コメント

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
16018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
1096位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。