日々の撮り書き!BLOG版!

since 2010 Photo & Text by lanzafisher
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/24

TOJOイズムにじーーーんときた。

TOJOとびら
この日はアクア環境システムTOJO様に、打ち合わせで行った。

TOJO様は、熱帯魚が泳ぐ水槽を病院や老人ホーム、美容院や会社などに設置し、
メンテナンスを行っている。
そして、水槽を見る人達がそこで育つ水草や魚達を見ることで癒し効果を得る、
アクアリウムセラピーを提唱し、一般に普及させている会社である。

----------------------------------------------------------------------------------------------

話は飛ぶが、今、私は熱帯魚店の店頭で魚を売る仕事もしている。
そのなかで、モヤモヤといろいろと引っかかる部分やらなんやら、
上手く説明できないもの。いろいろあるんですよ。

そして、この日の打ち合わせの中で、代表である東城 久幸氏が、
色々な話をしてくれた。
それは、今の観賞魚業界が一生懸命やっていることや
考え方とは、全く違うものであった。
しかし、とても共感できる考え方で、今の自分が一番忘れていた部分でもあった。
それは、今、自分が抱える、モヤモヤの原因というか引っかかっていたものというか…。
今の自分では、まだ上手く人に伝える事はできないし、
今、働いている店の考え方とも少しちがうかもしれない。
でも、少しづつ実践し、自分の物にしていくことで、今の店でも必ず役に立つと
思うし、本業の方にも必ず良い影響が出ると思った。

本
そんな、TOJO様の代表である東城 久幸氏の著書
「AQUARIUMU THERAPY」(アクアリウムセラピー)

打ち合わせ後に頂いたので、勝手にレビュー!
 この本は、今まで私が読んできた熱帯魚の図鑑や入門書とは全く違うものだ。
飼育のテクニッックや図鑑の部分ではなく、この本に書かれている考え方(イズム)
の部分がとても重要で、熱帯魚に興味がある人はもちろん、そうでない人にも読んで欲しい。
 マニアと呼ばれているいる人達に向けて書かれた本でないことは確かだが、
私はあえて一般に熱帯魚マニアや観賞魚業界で働いている人達に読んでもらいたいと思った。

 
で、そんな書きなぶりの後は、TOJO様で撮らせてもらった写真。
TOJO1.jpg
ショールームに置いてあったアクアテラリウム。
アクアテラリウムとは、水(アクア)陸(テラ)をひとつの水槽内で再現した
水槽のことである。
水槽やキャビネットも完全オリジナルの、オールガラス製!
皆さんの水槽のイメージだと、昔、小学校の教室に置いてあったもの
や熱帯魚を飼っていた友達が使っていたものかもしれない。
でもコレをみれば、皆さんのイメージもかわるだろう。

TOJO2.jpg
陸の部分には、植物がみずみずしく生い茂り、豪快な滝まで再現されている。

TOJO3.jpg
そして、滝の周りにはコケが育ち、ポタリポタリと繊細な雫が滴り、
まるで山肌から水が湧き出しているようである。

TOJO5.jpg
そして、水中では、国産のドイツイエローが
優雅なヒレをゆらゆらと揺らして出迎えてくれた。



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ripplesender.blog52.fc2.com/tb.php/86-4a8dc058

■  プロフィール

lanzafisher

Author:lanzafisher
 熱帯魚や金魚をはじめ、水生生物を中心に動植物の写真を撮影し、書籍や雑誌等に掲載、執筆をしています。
また、自転車に乗ったり、釣りに行ったり、そんな日常を一方的に発信中!


※掲載している写真・記事等の無断複写・転載等は、目的に関わらず禁止します。

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  カテゴリ

熱帯魚 (72)
庭・園芸植物 (16)
フィールド植物 (7)
自転車 (63)
その他・生物 (26)
日々の徒然 (53)
未分類 (21)
水中写真 (4)
お仕事 (18)
釣り (3)

■  最新コメント

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
15565位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
1047位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。