日々の撮り書き!BLOG版!

since 2010 Photo & Text by lanzafisher
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/23

魚の引き取りねぇ。。2/2

 飼いきれなく魚を持ち込む人達は、飼育していた魚のことを
よく知らずに買ってしまったことや、何かしらの理由で飼いきれなくなったことを悔いて
たいていの場合、魚にも我々にも申し訳なさそうに持ってくるし
「すいませんが、よろしくお願いします」
の一言を加えて魚を名残惜しそうに置いていくのである。
私は、それが、普通の神経の持ち主ならば当然だと思う。

で、問題だと思う態度はこういう人のことだ。
俺は、魚をお前らにくれてやるんだぞ!
という態度くるヤツだ。
飽きれて物もいえなくなる。

また、そういうヤツに限って、
○年間、大切にしてたんだ!
凄く状態がいいんだろ?!
マジで凄いだろ?
いくらで買い取ってくれるの?
今度また、スゲェの持ってきてやるからな!

などと、恩着せがましく引き取らせる魚の自慢を一通りして
満足そうに帰っていくのである。
たぶん、そんなヤツはどこかで
どこどこの店にスゲェ魚をあげてきたんだ!
と、言いふらして
自分の馬鹿さ加減と愚行の数々を
をひけらかしているんだろうと勝手に想像をしてしまうのは
私だけだろうなぁ。。。

私は、お店でそういう人に当たると、特に自慢話などに反応せず、
一通り相づちを打ってから、
どうせ、こんなヤツは、何も考えずに繰り返すんだろうなぁ
と思いながら
「あぁ、そうですか。でしたら引き取らせていただきます。
   次に何かを飼育する時は、こういうことにならないようにして下さいね」
と、笑顔でそのバ飼い主を送り出すようにしているが、
そんなヤツらの相手をしているこちらとしては、
本当にポカ~ンだし、不愉快な気持ちにさせられるだけである。

 皆さんは、どう思いますか?
私は、熱帯魚をはじめ、色々な生物を飼育する事や、
それらの飼育に挑戦することは、とても良い事だと思う。
ぜひ、皆さんにも生物を飼育する事の楽しさを知って欲しいと思っている。
その中で、飼いたいものを選ぶのは自由だが、
最後まで飼いきれる生物を、よく考えて飼育して欲しいと思う。

そうした上で

もし、どうしても飼いきれなくなってしまった時は、
野に放つこと論外だ。
里親を探す努力をしてそれでもダメだった時に
初めて店に持ち込むようにして欲しい。


上に書いたような人が、先々増えないようになればいいのになぁ。。。
と思う。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ripplesender.blog52.fc2.com/tb.php/57-bb6a6cda

■  プロフィール

lanzafisher

Author:lanzafisher
 熱帯魚や金魚をはじめ、水生生物を中心に動植物の写真を撮影し、書籍や雑誌等に掲載、執筆をしています。
また、自転車に乗ったり、釣りに行ったり、そんな日常を一方的に発信中!


※掲載している写真・記事等の無断複写・転載等は、目的に関わらず禁止します。

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  カテゴリ

熱帯魚 (72)
庭・園芸植物 (16)
フィールド植物 (7)
自転車 (63)
その他・生物 (26)
日々の徒然 (53)
未分類 (21)
水中写真 (4)
お仕事 (18)
釣り (3)

■  最新コメント

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
18173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
1208位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。