日々の撮り書き!BLOG版!

since 2010 Photo & Text by lanzafisher
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/23

魚の引き取りねぇ。。1/2

 最近、私は、とある熱帯魚店の店頭に立っている日が多いのだが。。。
飼育しきれなくなった魚の持ち込みやその相談が、多い気がする。

 我々が輸入し、販売した魚が、何かしらの理由で飼いきれなくなり、
その飼い主が自然の川に放すという愚行に走るのが一番最悪である。
もし、そうなってしまった場合、責任を問われるのは飼い主であり、
我々、業界の人間もその責任を問われることになるだろう。
 私が立っている店は、引き取りを了承しているお店なので、たいていの場合、
その魚を受け入れ、大切にストックしている。
 中には魚を受け入れると

タダで魚が手に入って売り物になるんだから
店にとっては良いんじゃないの?

と思う人もいるかもしれないが、実際は、全くちがうのである。
受け入れた魚の、全てが売り物に変換できる訳ではないし、
店側としては、それらをストックする水槽を準備し、
日々、餌を与え先々まで管理しなくてはならないため、
店側の負担も相当なものである。
 そういう点で今いるお店は、本当に多くの時間や手間、お金までもをかけて、
業界全体のために努力し責任を果たしていると私は感じているし、
凄く尊敬できる事だと思う。

 で、持ち込んでくる飼い主さんたちの言い訳は、様々。
中でも多いのは、大きく育ちすぎて水槽に入らず飼いきれなくなったということ。
また、引っ越しなどで水槽がおけなくなってしまったために飼いきれなくなったなどなど
色々な理由で、大きな魚から小さな魚まで持ち込まれる。
なかには、飽きたの一言や、新しい魚が欲しいなど、
ぽかーんな理由をいけしゃぁしゃぁと吐き捨てて
魚を置いていくヤツまでいる。
驚くよマジで!

 まぁ、上記の言い訳についても
色々と言いたい事があるが、今日言いたい事は、このことについてではなく、
持ってくる飼い主の態度についてだ。


2に続く

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ripplesender.blog52.fc2.com/tb.php/56-d20ba75f

■  プロフィール

lanzafisher

Author:lanzafisher
 熱帯魚や金魚をはじめ、水生生物を中心に動植物の写真を撮影し、書籍や雑誌等に掲載、執筆をしています。
また、自転車に乗ったり、釣りに行ったり、そんな日常を一方的に発信中!


※掲載している写真・記事等の無断複写・転載等は、目的に関わらず禁止します。

■  検索フォーム

■  リンク

このブログをリンクに追加する

■  最新記事

■  カテゴリ

熱帯魚 (72)
庭・園芸植物 (16)
フィールド植物 (7)
自転車 (63)
その他・生物 (26)
日々の徒然 (53)
未分類 (21)
水中写真 (4)
お仕事 (18)
釣り (3)

■  最新コメント

■  アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
13117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
890位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。